So-net無料ブログ作成
検索選択
戯伝写楽 ブログトップ
前の10件 | -

戯伝写楽 その12 [戯伝写楽]

こんにちは。

先日、赤坂ACTシアターで行われた、瀬奈じゅんさんのライブに行きました。
プロデューサーや、舞台監督、音響チーム等、写楽のスタッフにたくさん会えて、ちょっと懐かしかったです。

で、昨日やっと「戯伝写楽DVD」の音楽ミックスが終わりました。
編集は友達のエンジニアが、トラックダウンはwowowのエンジニアがやってくれたのですが、
彼ら、本当に丁寧に作業してくれました。
素晴らしい!
今回、彼らの腕が無ければ、完成しなかったです。
感謝感激。

このDVDでは、ボクの表現したかった音と歌が、全部聞こえます!!!
絶対、観て!!!!!
お願い!!!!
IMG_0244.jpg

戯伝写楽 その11 [戯伝写楽]

こんにちは。

戯伝写楽の大阪公演も、あっという間に終わりました。
ありがとうございました!
IMG_1923.jpg

最初の打ち合わせで、「パーカッションとサックス、ピアノは欲しいね〜」という、荻田さんからのリクエスト。そして、「ちょっと、おもしろい音にしたいね〜」という話の流れから、パーカッション2人で、ギターストリングスも使わない、このバンド編成にしました。
アレンジは難しかったけど、正解だった気がします。

上手と下手にリズム隊が別れる今回のセッティングは、メンバーもキャストも、PAチームも、実はかなりやりにくいんだけど、とても効果的な演出だと思います。
これは、荻田さんのお手柄でありんす。

メンバーの部屋紹介、最後はオバヲさんの部屋です。
IMG_1909.jpg

戯伝写楽 その10 [戯伝写楽]

こんにちは。

戯伝写楽の東京公演、無事に終了いたしました。
これから大阪です。頑張ります!

さて、音楽のつづき...
しつこいようですが、中身を知りたくない人は、読まないでね。


おせいと浮雲のデュオで、浮雲は本当の自分を取り戻します。
心中出来なかった浮雲と市は、高札場に曝されてしまいます。
そこで流れる曲が「高札場」。
集団の恐怖を表現したくて、激しいギターとドラムを使いました。途中の7/8は、ヒソヒソ話がどんどん広がっていって、更に大きなパワーになる様をイメージしました。

「浮雲の死」
「私〜死にま〜す」って熱唱して死んでゆくのは、とても嫌だったので、浮雲の心情は、全て鈴で表しました。世界各国の鈴を使ってます。たぶん、浮雲には、雑踏がこんな風に聞こえていたんじゃないかなぁ...

「十朗兵衛のソロ」
浮雲に取り憑かれたおせいに、十朗兵衛が歌うソロです。
M1がモチーフです。
さとしさんソロ曲の白眉です!毎回感動します。

「北斎のソロ」
過去の自分を捨て、新たに北斎として生まれ変わる曲。
M12の鉄蔵のソロをイントロにして、後半はポジティブにしました。
葛山さんの熱い歌と、後奏中の山路さんの芝居を、目と鼻の先で見られるのは役得です!

「おせいの旅立ち」
前半はピアノとサックスで、切ないけど悲しくならないようにしました。
後半は、コーラスです。
辛島さんがソロで、後に小西さんと葛山さんがメロに加わります。
ちなみに、ボクは上手の袖にいる陰コーラスに向かって指揮をしいるんだけど、何人かから「ステージに背中を向けて、なにやってんの?」と聞かれました...

「フィナーレ」
やっぱりここは江戸の曲。
辛さや寂しさも、カラッと笑い飛ばしてしまう江戸人のやせ我慢を、ラテンで表現しました。
コングさん最高!

「Scenery with the river
お見送りの曲です。
数年前にディズニーリゾートのイクスピアリ「Festopera」で書いた曲を、アレンジを変えて演奏してます。
近所の川を眺めていたら、浮かんできた曲なので、「川のある風景」というタイトルに。

写真はボクの部屋です。
装置の都合上、タイキと同居しています(笑
Macは主にSEに使用してます。
IMG_1869.jpg


戯伝写楽 その9 [戯伝写楽]

こんにちは。

東京は残り2日!
頑張りましょう。

さて、音楽の話を続けます。
内容を知りたくない人は、ホントに読まないでね!



二幕は「浮雲のソロ」で始まります。
これは、花魁の圧倒的な存在感です!映画「吉原炎上」での、名取裕子の花魁道中をイメージした重いビートと、鈴を引きずる音、そして3人娘のセクシーコーラスが妖艶!!

次は「おせいのソロ」。
元々、次の蔦谷と与七の曲だったモノを、荻田さんが、おせいの為に増やしました。
おせいの天真爛漫、自由奔放な性格が感じられます。

で、「蔦谷と与七」。
打ち合わせの帰り道、日比谷のガード下で楽しそうに酒を飲む人たちを見て、思いついた曲です。
山路さんと東山さんの歌、素晴らしいです!感謝です!

「南畝ふたたび」
稽古場ではヨーデルとも呼ばれていた南畝をテーマを、ここでは4ビートにアレンジ
個人的に、岸さんの「困った感」が好き。

「おせいと浮雲」
この二人にとって、とても重要な曲ですよ...
二人の歌声が徐々に重なってゆき、大きな波が生まれて、それぞれの思いが決意に変わるんです。
クリスのボーンズが、焦燥感をかき立てています。


写真は、クリスの部屋。
地上180センチにあります。
IMG_1867.jpg

タグ:戯伝写楽

戯伝写楽 その8 [戯伝写楽]

こんにちは。

今日も無事にステージを終えました。
回を重ねるごとに、出演者の一体感が増すように感じます。

前回からの続き...

「歌舞伎役者&蔦谷のテーマ」は、荻田さんから「ダースベイダー」というキーワードが出ていたので、まんまそんな感じで。スルドとドラとスネアの組み合わせが、ユニークでしょ。

で、「鉄蔵のテーマ」。
この時の鉄蔵さんは、まだ鬱々としているんで、ダークなビートとコードにしました。
Didgeridooも活躍。

「浮き雲と歌麿」。
これは、最も都会的というか、西麻布の会員制クラブ(行ったことはないけど)の、奥深くという感じに。気怠いんだけど、縦の線はあってるような...ベースはルートを弾かないよみたいな...(笑

「十朗兵衛のタンゴ」
出会う女性を、華麗なタンゴで、次々となぎ倒していく十朗兵衛をイメージして作りました。


「十朗兵衛とおせいのボッサ」
気分は初デート!相手のことしか目に入っていない、浮き足だった二人をボサノバで表現しました。

「5重唱」
十朗兵衛、おせい、与七、鉄蔵、蔦谷が歌う、1幕ラストの曲です。
5人が同時にそれぞれの曲を歌うセクションがあるんだけど、分かるかな...
後半はみんなで盛り上がります。

つづく

写真はタイキの部屋です。
楽器はYAMAHAのCP1なのですが、とても良いです。
IMG_1871.jpg

戯伝写楽 その7 [戯伝写楽]

こんにちは。

戯伝写楽の幕が開きました。
ていうか、すでに4公演が終わりました。
あっという間だね...

ということで、これから数回に分けて、戯伝写楽の音楽について書きます。
「中身を知りたくないよ!」って人は、読まない方が良いかも。

この仕事が決まって、まず最初に、バンドのメンバーを決めました。
それから、スタジオの真正面の壁に、キャスト全員が写ったポスターを貼りました。
完全に当て書きです(笑

今回は全て曲が先だったので、中島さんの脚本と荻田さんからのMオーダー表を、何度も読み返しながら、歌詞を想像つつ、作業開始。

まずは、橋本さんと悠河さんの写真を眺めつつ、テーマとなるオープニングの曲を作りました。
4拍子は全く浮かんで来なかった...
(これは全編通して「おせいと十朗兵衛」のテーマに。)

それから「3人娘」の曲。
これは「江戸の住人」のテーマにしました。
(当時の江戸人は、やっぱりラテン系だろうと...)

そして「南畝」のテーマ。
なぜか、Darbukaが浮かんだ...

お次、「おせいと十朗兵衛の出会い
これは、兎にも角にもドキドキ感を表したくて、オープニングをモチーフにしつつ、5/8拍子に。
(さとしさん、悠河さん、東山さん、ごめんなさい!)

本日はこのへんで。
続きはそのうち...

写真はAndyの部屋です。
Didgeridooとかハーモニックフルート、Sax、Fluteなどを担当してもらってます。
andy0409.jpg

戯伝写楽 その6 [戯伝写楽]

こんにちは。

今朝Andyが来日して、これでバンドが全員集合!
ようやく、ボクの脳内で鳴っていた音が、実際に鳴り出しました。
うっひょひょひょひょ。

2010328.jpg
タグ:戯伝写楽

戯伝写楽 その5 [戯伝写楽]

こんにちは。

昨日から写楽のバンドリハが始まりました。
なんだか、楽しくなってきたよ!
ふふふ...

IMG_1829.jpg




タグ:戯伝写楽

3月21日生まれの人へ [戯伝写楽]

こんにちは。

誕生日おめでとうございます。
バッハ、ムソルグスキー、アイルトン・セナ、ロナウジーニョ、ロックフェラーが生まれた日です。
私も44年前の、この日に生まれました。

戯伝写楽の稽古は、いよいよ大詰めです。
今週末にはバンドが参加します。
頑張ります。
DSC_0212.jpg



戯伝写楽 その4 [戯伝写楽]

こんにちは。

年末31日、プロデューサーの栗間邸にて、音楽の打ち合わせがありました。
これで、かなり方向性が見えてきたので、これから、ガシガシ作ります。

途中で、シャンパン美味しい料理が登場してからは、忘年会にスイッチ
名前は忘れたけど、赤ワインがスゲー美味しかった...

出演するミュージシャンを発表します。

Andy Bevan(Sax,Fl,Didjeridoo他)=>http://www.andybevanmusic.com/andy.jap/home.html
Christopher Hardy(Percussion)=>http://www.christopherhardymusic.com/
泰輝(Piano)=>http://pianist-taiki.cocolog-nifty.com/blog/
立川智也(Bass,Synth)=>http://www.tthome.jp/
中島オバヲ(Percussion)=>http://www.3rdstones.com/obawo/

このメンバーが、毎回ステージに出るんですよ...
凄いなぁ...
嬉しいなぁ...
楽しみだなぁ...
so_sharaku_2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 戯伝写楽 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。