So-net無料ブログ作成

戯伝写楽 その7 [戯伝写楽]

こんにちは。

戯伝写楽の幕が開きました。
ていうか、すでに4公演が終わりました。
あっという間だね...

ということで、これから数回に分けて、戯伝写楽の音楽について書きます。
「中身を知りたくないよ!」って人は、読まない方が良いかも。

この仕事が決まって、まず最初に、バンドのメンバーを決めました。
それから、スタジオの真正面の壁に、キャスト全員が写ったポスターを貼りました。
完全に当て書きです(笑

今回は全て曲が先だったので、中島さんの脚本と荻田さんからのMオーダー表を、何度も読み返しながら、歌詞を想像つつ、作業開始。

まずは、橋本さんと悠河さんの写真を眺めつつ、テーマとなるオープニングの曲を作りました。
4拍子は全く浮かんで来なかった...
(これは全編通して「おせいと十朗兵衛」のテーマに。)

それから「3人娘」の曲。
これは「江戸の住人」のテーマにしました。
(当時の江戸人は、やっぱりラテン系だろうと...)

そして「南畝」のテーマ。
なぜか、Darbukaが浮かんだ...

お次、「おせいと十朗兵衛の出会い」
これは、兎にも角にもドキドキ感を表したくて、オープニングをモチーフにしつつ、5/8拍子に。
(さとしさん、悠河さん、東山さん、ごめんなさい!)

本日はこのへんで。
続きはそのうち...

写真はAndyの部屋です。
Didgeridooとかハーモニックフルート、Sax、Fluteなどを担当してもらってます。
andy0409.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。